はじめての入稿用データ作成

印刷屋さんで同人誌印刷!

オンライン入稿用のデジタルデータの作成方法や、同人誌作成のマナー、決まりなどを紹介するページです。
はじめてオンライン入稿をする方はぜひこちらのページを参考にして下さい。

アナログ(紙に手描き)で原稿作成する方はこちらもご覧ください!

Fire Alpaca(ファイアアルパカ)で原稿作成する方はこちらもご覧ください!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で原稿作成する方はこちらもご覧ください!


はじめてのオンライン入稿!

1.ファイル形式(保存形式)

なないろ堂に入稿可能なファイル形式(拡張子)は、pdf、ai、psd、eps、tiff、png、jpeg、bmp となります。
拡張子とは、データの保存形式です。
画像編集ソフトAdobe Photoshop、Adobe Illustrator、sai、Fire Alpaca、CLIP STUDIO PAINTなどで作成したファイルは、ソフト独自の保存形式(出力形式)があります。
パソコンソフトだけでなく、スマホアプリ(アイビスなど)にも、必ず拡張子があります。

例えば、Photoshopの場合、何も指定しなければ、再び開いた時に再編集が可能な「psd形式」で保存されます。
この形式は、何もしなければレイヤーやフォントなどがそのまま保存されますが、自分のパソコン以外ではきちんと表示されない場合があります。また、同じソフトを持っていないと、開くことが出来ません。

他の人のパソコンでもフォントなどが同じように表示されるようにするためには、下で説明する「アウトライン化」「レイヤー結合」などの処理が必要となります。
処理が不安な方は、「png」にて保存すると、どのパソコンでも意図したデータが確認できます。この場合、解像度にだけご注意下さい。
また、PDF変換できるソフトでPDF保存すると、簡単に高い解像度で保存できます。
PDF保存について詳しくはこのページ内の「7.PDF出力」をご覧下さい。

ソフト独自の拡張子以外で保存したい場合は、「名前をつけて保存」するときに、拡張子を選ぶことで保存できます。
ただし、ソフト独自の拡張子のデータも保存しておかないと、あとで再編集(手直し)ができなくなりますので、必ず、編集用のデータとは別の名前でもう1つ入稿用のデータを作成、保存しましょう


フリーソフト「CubePDF」は、印刷(プリントアウト)する要領でPDFデータ作成ができるのでオススメです。


2.解像度(画素)

マンガやイラストを描くときに、Photoshopなどのソフトを使って描こうとした場合、最初に「新規作成」をしますよね。そのとき、どのくらいのサイズを選んでいますか?
もしそのときに「600×400」程度を選んでしまっていたら・・・残念ですが、A4サイズ(ノートやコピー用紙のサイズ)1面に印刷すると、ボケボケな感じになってしまいます。

実は、A4縦サイズでキレイに出力するには、カラーですと、幅2894×高さ4093ものpixel数が必要となります。
モノクロ(白黒)の場合は更に高く、4961×7016~9921×14031ものpixel数がないと、キレイに印刷されません。
大きい解像度で作成すると、線入れや塗りが大変になりますが、後から変更できないことですので、仕上がりのことを考えて、最初から大きなpixel数で作成するようにして下さい。

また、アナログ絵をスキャナーでスキャンするときは、カラー350dpi以上、モノクロ600dpi以上でスキャンして下さい。


配置する画像の解像度はなるべく高く(大きく)。

*参考画像* 解像度の違いと印刷結果



【Tips】必要なピクセル数
 A4モノクロ:4961×7016 A4カラー:2894×4093
 B5モノクロ:4299×6071 B5カラー:2508×3541
 名刺カラー:758×1254 ポストカードカラー:1378×2039



フォトショップのメニュー【イメージ】→【画像解像度】で解像度の確認・リサイズができます。


フリーソフトでは「GIMP」などもお奨めです。
【GIMP】→http://www.geocities.jp/gimproject2/download/gimp-download.html



3.「CMYK」と「RGB」

カラーモードにはRGBとCMYKの種類があります。
なないろ堂では、RGBモードとCMYKモードの両方を印刷することが可能ですが、RGBモードのほうが鮮やかな発色となります。


色の設定はRGBモードのほうが鮮やかに出力されます。



4.塗り足し(裁ち切り線)

下記のイメージのような、紙のフチぎりぎりまでイラストや文字がある、背景の色があるといったデータは、上下3mmずつの塗り足しが必要となります。



作成サイズの設定の際は、仕上がりサイズ+6mmのサイズを入力して作成して下さい。

【Tips】塗り足しサイズ一覧
【A4】仕上がりサイズ:210mm×297mm / 塗り足し:216mm×303mm / 見開き塗り足し:426mm×303mm
【A5】仕上がりサイズ:148mm×210mm / 塗り足し:154mm×216mm / 見開き塗り足し:302mm×216mm
【B5】仕上がりサイズ:182mm×257mm / 塗り足し:188mm×263mm / 見開き塗り足し:370mm×263mm
【B6】仕上がりサイズ:128mm×182mm / 塗り足し:134mm×188mm / 見開き塗り足し:262mm×188mm


※塗り足しの部分は切り落とされますので、そのことを踏まえたうえで重要な絵柄や文字はフチから余裕を持ってレイアウトして下さい。(小説や4コマなど、紙面の周囲が完全に空白であれば塗り足しは必要ありません)


Illustratorを使うと、簡単に「トンボ(トリムマーク)」が作成できます。
トンボとは仕上がり線を指定するための線で、このトンボの位置に合わせて断裁機で断裁がおこなわれます。
フォトショップ上で線をひいてトンボを描く方法もありますが、イラストレータ上にフォトショップデータを配置してトンボを作成する方が簡単にできます。

イラストレータで210mm×297mmの四角形を作成
【フィルタ】→【クリエイト】→【トリムマーク】で作成されます。




5.アウトライン、画像の埋め込み(Illustrator)

 アウトラインについて

フォントのアウトライン化をしないと、制作環境と印刷環境の違いでフォントが他のフォントに強制的に置き換わり、フォント(文字)の形状などが変わってしまいます。
もしそうなると、セリフがフキダシからはみ出てしまうなど、意図しない印刷結果となってしまいます。
フォントは全てアウトライン化してから入稿しましょう。




イラストレータのメニュー「書式」→「フォントを検索」で、アウトライン化してないフォントが無いかを確認することができます。



アウトライン化がされていない場合、再入稿をお願いしますので、納期が遅れてしまう場合があります。
お急ぎの場合は必ず入稿前にアウトライン化のチェックをお願いします。
ぱっと見大丈夫でも、絵の下に文字が隠れていたり、孤立点があったりすることもありますので、入稿に慣れている方でも念のためチェックをして下さい。
原稿が終わったばかりでお疲れのところ申し訳ありませんが、ご協力お願いいたします。

【Tips】アウトライン化してしまうと、その後の文字の書き換えができなくなります。
アウトライン化した後は、上書き保存ではなく、別名で保存をすることをおすすめします。


アウトラインのかけ方



 画像のリンク切れ(埋め込み忘れ)について

画像のリンクが切れがあった場合、再入稿をお願いしております。
画像とaiファイルを全て同じフォルダに入れておくようにして、リンクパレットで確認できるものと同じ名前の画像ファイルを全てご入稿ください。
全ての画像を埋め込んでいる場合は、埋め込み画像のファイルはご入稿いただく必要がありません。

Illustratorのリンクパレット(「ウィンドウ」メニュー→「リンク」)を使用して、画像の配置状態を確認することができます。



6.PDF出力

Wordなどで作成したデータを他人のパソコンに送るっても、同じように開けるわけではありません。
それぞれのパソコンに入っているフォントの種類やソフトのバージョンが違うため、見え方が違ってくるのです。


↑こんなに違うことも・・・!

この問題を解決するために開発された保存形式が、「PDF」なのです。
PDF作成ソフトとは、Wordなどで作った文書ファイルなどをPDF形式に変換できるソフトです。Adobe 社が開発したPDF化ソフトは有償ですが、無料でも利用できるソフトも配布されています。
なないろ堂では、一例として「CubePDF」という無料ソフトでの作成方法をお教えします。

 入稿したいデータをPDF作成ソフトでPDF化しましょう!

まずは、下記のバナーをクリックした先のページから、CubePDFをダウンロードして、インストールして下さい。


CubePDFは、印刷(プリントアウト)する要領でPDFデータ作成ができるのでとても簡単です。 まずはデータを開き、以下の手順でPDFデータを作成してください。

  1. 印刷をクリックし、プリンタの中から「CubePDF」を選びます。



  2. プロパティをクリックします。



  3. 詳細設定で、「TrueTypeフォントダウンロードオプション」から「アウトライン」を選択し、OKをクリックします。



  4. 2の画面に戻るので「OK」をクリックすると、下記の画面になりますので、「変換」をクリックします。

ページ数が多い場合、若干時間がかかりますが、PDFが作成され、画面表示されます。



PDF作成後は作成前のデザインと比較してください。
PDFの作成環境によっては、元のデザインとデザインが異なってしまう場合がありますので、PDFファイルを作成後は必ず全体デザイン(イメージ等)の確認をお願いします。
フォントの埋め込みまたはフォントのアウトライン化を行われていませんと、正確な印刷結果とならない場合があります。



デジタル原稿を作成したら必ず確認を!

作成したデータを一度プリントアウトして、以下の点に注意してデータの確認をお願いいたします。
word等で作成したデータをPDF化した場合も、必ずプリントアウトしてご確認下さい。
不具合がある場合には修正していただき、再度データ作成してください。

  1. レイアウト崩れや文字化け、意図しないフォント置き換えはありませんか?
  2. 太字などの文字装飾は見分けが付くよう変換されていますか?
  3. 罫線(実線・点線)、塗りつぶし等はご希望に近い結果がでていますか?実線、点線の太さ・種類によっては、アプリケーションの仕様により、パソコン画面と印刷で見た目が違ってきます。中には、点線が実線のように変換されてしまうものなどもありますので、よくチェックしてみてください。
  4. 画像は粗くなっていませんか?写真やイラストを貼り付けている場合、もともとの画像が小さいと、画像が粗くなってしまいます。綺麗に出したい場合、なるべく大きな画像を縮小して貼り付けるようにしてください。PDFで入稿する場合、配置した画像情報も全てPDFに埋め込まれます。画像の解像度がカラー出力の場合は、基本的に画像の解像度は350dpi(モノクロ出力の場合600dpi〜1200dpi)必要になります。

画像の解像度を確認するソフトは「Adobe Photoshop」が有名ですが、フリーソフトでは「GIMP」などもお奨めです。 【GIMP】→http://www.geocities.jp/gimproject2/download/gimp-download.html

確認が済みましたら、全てのデータをひとつのフォルダにまとめ、圧縮ファイルを作成して下さい。


7.圧縮、送信

【1】データの格納について 入稿データは、全て同じフォルダの同一階層に入れて下さい。
【2】フォルダ名について フォルダ名は、11桁の注文番号でお願いします。
【3】圧縮データの準備 入稿データは必ず圧縮して下さい。

Mac OS Xでのデータ圧縮方法
・標準でzip形式に圧縮することができます。
・準備したフォルダの上で「control+クリック」をするとメニューが表示されます。
・メニューから「〜を圧縮」を選択すると圧縮ファイルが作成されます。
・圧縮データが作成できたら準備完了です。

Windowsでのデータ圧縮方法
・標準でzip形式に圧縮することができます。
・準備したフォルダを右クリック→「送る」→「圧縮フォルダ」選択で圧縮ファイルが作成されます。


入稿(送信)はこちらから



はじめての同人誌!


1.著作権・肖像権

*著作権ついて*
「同人誌」というと、一般的に「二次創作物」を思い浮かべる人が多いはず。
もちろん、完全オリジナルの同人誌もありますが、やはり、「作りたい」し「売れる」ものは、二次創作物であることが多いです。
ということは、そのキャラクターを作り出した人(漫画家など)や、権利を持っている人(アニメ制作会社・出版社など)に許可を得ないと、同人誌を作ってはいけないのでしょうか?
本当なら、「YES」。
単に同人誌を作るだけなら許可は要りませんが、それを他人に売ったり無料配布したりするとなると、著作権が発生します。
もし作者や権利者が「いいですよ」と言えばなんの問題もありませんが、もし「この同人誌は困る!(内容が嫌だ、とか、かなり儲けてるのでは?、など)」と思えば、同人作家を訴えることも出来ます。
しかし、全ての同人誌をチェックするのは大変なので、見逃してくれている権利者がほとんどであるのが現状です。
(中には、同人誌OK!とか、同人誌禁止!とか明言している所もあるので、同人誌を作る前に一度チェックしてみましょう。)
好きな作品の二次創作をしたい、好きなキャラクターの絵を描きたい、という気持ちは、素敵なものです。
だからこそ、常に作品の生みの親たちに敬意を払いつつ、楽しく同人活動をしてくだされば、と思います。


2.レイティング(成人向け、R18など)

同人誌で言うレイティング(レーティング、年齢制限)とは、いわゆる「18禁」「15歳以上推奨」指定などのことです。
わいせつな表現(アダルト)のほか、暴力表現、反社会的表現、グロテスク表現、ホラーなどにも使います。
様々なジャンルの自主規制団体がありますが、同人誌は自主流通作品であるため、全て製作者の自己判断となります。
もし自分の作品が「ちょっと危ないかな?」と思ったら、自主的にR指定マークを使っておくことをおすすめします。
内容があまりに過激と判断される作品の場合、イベント運営会社の判断で販売禁止の指示を出されることもありますのでご注意ください。

なお、成人向け(R-18)作品につきましては、大変申し訳ございませんが、2019年1月現在、なないろ堂では印刷をお断りさせていただいております。
スタッフも不慣れな状況である中で、社会情勢の変動も大きく、現状では対応が不可能との判断です。
成人向け作品のチェック体制が整い次第、成人向け作品の印刷をお受けする予定ですので、今しばらくお待ち下さい。


3.奥付

同人誌の最後のページには、「奥付」を入れてください。
奥付(おくづけ と読みます)は、書物の最後に、書名・著者・発行者・印刷者・出版年月日などを記した部分のことです。
同人誌においては、奥付が責任所在の意思があることを判断する基準です。責任ある同人活動をアピールするためにも、奥付を付けるようお願いいたします。


※個人情報の問題がありますので、連絡先についてはメールアドレス、サイトのURLなどをおすすめします。 理由なく本名や住所、電話番号などを掲載しないように気を付けてください。 また、会員登録を必要とするSNS(pixiv、Twitterなど)のIDのみを連絡先にしないようにしてください。



奥付の例

nanairodo_01 なないろ堂のハンコの画像は、ご自由にお使い下さい。 |png画像ダウンロード | jpeg画像ダウンロード

 

pagetop