データ作成ガイド

オンライン入稿テクニカルガイド

同人誌作成~入稿までの流れ


1. どのファイル形式で作成するかを決めます。

なないろ堂に入稿可能なデータファイル(拡張子)は、pdf、ai、psd、eps、tiff、png、jpeg、bmp となります。 お使いになりたいソフトが、上記いずれかの拡張子に対応しているかをまずご確認ください。 おすすめ拡張子は「psd」「ai」です。 Photoshop、Illustrator以外で作成したpsd、aiでも大丈夫です。 これらの拡張子に対応していないソフトをご利用になりたい場合は、pdf変換ソフトでpdf出力して下さい。 ファイル形式が混在(表紙のみイラストレーター、本文はpdfなど)していても問題ありません。

→保存形式について更に詳しくは、「はじめての入稿用データ作成」を御覧下さい。

 

2. 各ページを作成します。

ファイル新規作成時の解像度は、300dpi以上(モノクロの場合は600dpi)にしてください。 おもて表紙とうら表紙は、見開きサイズ(B5仕上がりの場合、B4サイズ)で1ファイルにして作成して下さい。 同人誌用のテンプレートをご用意しておりますので、よろしければご利用下さい。

本文データには必ず印刷に出る部分(仕上がり線内)にノンブル(通しのページ番号)を入れてください。 ページ順がわからない場合、こちらからご連絡させていただくことがあります。 また、保存時のファイル名には、ページ番号をつけてください。 必ずノンブルと合わせるようにして、わかりやすいファイル名を付けてください。 (例:表紙.psd、表紙裏.psd、01.psd、02.psd ・・・)

フチまで確実に印刷するために、各ページには必ず上下3mmずつの塗り足しを作成して下さい。 また、右側のページには左余白、左側のページには右余白を多めにつけると、本が読みやすくなります。

背幅の作成について
ページ数が多い場合は、本に厚みができますので、その分だけ表紙を横に大きく作る必要があります。
背表紙の位置については製本時にずれる場合がありますので、文字を入れる場合はぎりぎりに配置しないようにしてください。
【用紙/本文ページ当りの本の厚さ】
上質紙:70kg/0.09mm・90kg/0.12mm・110k/0.15mm・135kg/0.18mm・180kg/0.24mm
色上質:中厚口/0.09mm・厚口/0.12mm・特厚口/0.15mm・最厚口/0.18mm
コート:73kg/0.07mm・90kg/0.09mm・110kg/0.11mm・135kg/0.13mm
マットコート:70kg/0.09mm・90kg/0.11mm・110kg/0.14mm・135kg/0.17mm
アートポスト:180kg/0.2mm・220kg/0.27mm

※背表紙は無線とじのみ作成できます。背幅について詳しくは、各テンプレートにも記載されています。

同人誌の最後のページには、「奥付」を入れてください。
奥付の例

nanairodo_01 なないろ堂のハンコの画像は、ご自由にお使い下さい。 |png画像ダウンロード | jpeg画像ダウンロード

→原稿作成、奥付などについて更に詳しくは、「はじめての入稿用データ作成」をご覧下さい。

 
*著作権ついて*
「同人誌」というと、一般的に「二次創作物」を思い浮かべる人が多いはず。
もちろん、完全オリジナルの同人誌もありますが、やはり、「作りたい」し「売れる」ものは、二次創作物であることが多いです。
ということは、そのキャラクターを作り出した人(漫画家など)や、権利を持っている人(アニメ制作会社・出版社など)に許可を得ないと、同人誌を作ってはいけないのでしょうか?
本当なら、「YES」。
単に同人誌を作るだけなら許可は要りませんが、それを他人に売ったり無料配布したりするとなると、著作権が発生します。
もし作者や権利者が「いいですよ」と言えばなんの問題もありませんが、もし「この同人誌は困る!(内容が嫌だ、とか、かなり儲けてるのでは?、など)」と思えば、同人作家を訴えることも出来ます。
しかし、全ての同人誌をチェックするのは大変なので、見逃してくれている権利者がほとんどであるのが現状です。
(中には、同人誌OK!とか、同人誌禁止!とか明言している所もあるので、同人誌を作る前に一度チェックしてみましょう。)
好きな作品の二次創作をしたい、好きなキャラクターの絵を描きたい、という気持ちは、素敵なものです。
だからこそ、常に作品の生みの親たちに敬意を払いつつ、楽しく同人活動をしてくだされば、と思います。
 

3. データに不備がないか最終チェックをします。

データは完全原稿で入稿して下さい。完全原稿とは、印刷作業をするにあたり、不備がなくそのまま作業を進めることができる原稿のことを指します。 サイズ間違いや塗り足し不足をはじめ、原稿が全て揃っていない、ページが重複しているなど、入稿いただいた原稿に不備があると、すぐに作業を始めることができません。 なないろ堂では、入稿後の原稿の再送、差し替えは基本的にお断りしております。原稿を送る前に、お客様ご自身で必ず確認作業を行ってください。

作業工程中にお客様の原稿の不備に気付いた場合には極力ご連絡を差し上げますが、誤字脱字、ページ番号の間違いなど原稿の内容に関することはチェックすることができませんので、ご了承ください。

 

4. データを圧縮します。

作成したデータを一つのフォルダにまとめ、圧縮して下さい。 ※2019年1月より、アップロード上限が増えました。

 

5. 注文します。

ご注文したい商品を選び、サイズ、ページ数、用紙、オプション、お支払い方法、発送先等をお選びください。 →ご注文について更に詳しくは、「ご利用ガイド」を御覧下さい。

ページ数は表紙を除いたページ数となっております。表紙・表紙裏のページ数はカウントしないで下さい。

 

6.マイページからデータのWeb入稿をします。

マイページにログインして、圧縮したデータを入稿します。 (初めて入稿なさる方は、最初にマイページ登録をして下さい。) データの大きさや、回線の速度により、時間がかかることもありますのでご注意下さい。 問題がなければ、そのまま印刷し、ご指定の発送先へ発送いたします。

 

※色校正につきはしては、Web入稿いただきましてから、1~2日で発送いたします。

 

pagetop